VISA on Arrival物語[4] Visa on Arrival の豆知識 

書類が3種類揃っていれば、何も問題ないVisa on Arrival (ミャンマー空港到着時取得VISA)

必要書類:
① 入国VISA申請用紙(Application for Entry VISA)+証明写真
② 現地企業からの招待状(Invitation Letter)
③ 招聘元現地企業のミャンマーでの事業証明書

取得費用: US$50

VISA on Arrival物語[3]

指定された場所へ移動し、あちこちへ「ヘルプ」の電話をかけまくる。ミャンマー人同士で話をしてもらったが、融通が利かない。(当然か)
同僚の独創的メモ帳に助けられ、最終的に、とある機関が、事業証明書をお使いの人に持たせて空港まで来てくれることになった。Thank god!感謝感激雨霰。
ダウンタウンから空港まで、道が混んでいるので1時間はかかるという。それ位何のその。待っている間に仕事を片付けた。喫茶店も何もない。空港が真っ暗になる停電もあった。だが、来ない。2時間待っても来ない。いくら何でも遅すぎる。
すると、Visa on Arrival の担当官は、鬼のような目をしながらツカツカやって来て、不明瞭な英語で「出発ロビーへ行け」「帰れ(Go home)」を連発。頭に来たので言い返すも、全然通じない。待つこと3時間。もしかして外で待っているのではと探してもらった所、お使いの青年はいた。随分前から立っていたらしい。唐突に我々は呼ばれ、担当官は不機嫌な顔でVisa を発行し「$50」と言う。賄賂かと思ったら、Visa on Arrival の現地価格だった。パスポートコントロールを出たのは午後8時30分だった。(VISA豆知識へ続く)

VISA on Arrival物語[2]

ミャンマー到着。同僚は出国できたのだから大丈夫だと嘘でも励ましてくれるが、何やら嫌な予感。Visa on Arrival のカウンターには、白人のツアー客と個人客ばかり、結構な人数がいる。カウンター内には3-4人のミャンマー人がいるのだが、その内の1人だけが書類受取担当官兼審査官らしく、非効率極まりない。だが、文句を言っている場合ではない。自分の番になり書類を出す。あっという間に差し戻されガミガミ言われる。
曰く、招聘元現地会社のミャンマーでの事業証明書がないからダメとのこと。
「日本の空港では2種類の書類でOKと言われた」と食い下がってみるも「ここはミャンマーだ。書類は3種類がMUSTだ。」とシッシと手で追い払われる始末。
確かに、カウンターに積んである書類は、全部3枚ある。ガーン! まずい!(続く)

VISA on Arrival物語[1]

「お客様、このVISAがでは出国できません」!?  長い一日の始まりだった。
Single VISAの意味(取得後3ヶ月以内にミャンマーへ入国する)を間違えていたことが判明。取得後3ヶ月間は有効と説明され、そのように理解していた。
大慌てで本部へ「緊急事態発生」コールを入れ、必要書類2種類<現地からの招聘状(Invitation Letter)+入国申請書(Application for Entry Visa)>を大車輪で作成依頼。傍ら、自分は証明写真を撮る。15分後、書類は同僚のPCに届き、ビジネス・センターでプリントアウトし、写真を貼りドタバタと再びチェックインカウンターへ戻ると、「本当は3種類の書類が必要と手引書にはあるが、この2種類で大丈夫」とのことで、無事出国。